Zabbix監視データをGrafanaで美しくグラフ化したなど

前回からの続きです。Zabbixの監視データをGrafanaでキレイにグラフ出力するための手順を紹介していきます。

構成

・Linux 4.14.3-1.el6.elrepo.x86_64
・CentOS 6.9 (Final)
・Apache 2.4
・PHP 5.5.3
・Zabbix 3.0.18
・Grafana 5.2.1-1

Grafanaインストール

公式サイトにwget文が書いてありますので記載通りにインストールしていきます。
# cd ~
# wget https://s3-us-west-2.amazonaws.com/grafana-releases/release/grafana-5.2.1-1.x86_64.rpm
# yum localinstall grafana-5.2.1-1.x86_64.rpm

Grafana用のファイヤーウォールの穴あけが必要です。
tcp:3000

かんたんですね。

Grafana用Zabbixプラグインのインストール

こちらも公式サイト通りに進めます。
# grafana-cli plugins install alexanderzobnin-zabbix-app

インストールが終了したらGrafanaを起動させます。これでZabbixプラグインのインストールが完了です。
# /etc/rc.d/init.d/grafana-server

かんたんですね。

Zabbix側の設定

Grafana連携用のZabbixユーザを作成します。好きな名前でユーザを作成して下さい。

権限設定は監視データの読込専用にします。

Grafana側の設定

Webブラウザで以下にアクセスします。
http://Zabbixサーバアドレス:3000

Pluginページへ行き Zabbix をenable にします(画像ではUpdateのボタン)

次に、Configuration -> DataSourceに移動してAddボタンを押下し、Zabbixサーバの情報(色付き部)を入力します。

General
Name:Zabbix
Type:Zabbix

HTTP
URL:http://Zabbixサーバアドレス/zabbix/api_jsonrpc.php
Access:Server (default)

Zabbix API Details
Username:zabbix
Password:123456789

入力後は『Seve&Test』ボタンを押下してZabbixのバージョンが表示されればOKです。

Grafanaでグラフ出力

ここでDashboardに戻っても何も出力されません。N/Aと表示されます。
Zabbixの監視データを利用するには以下の操作が必要です。

Dashboard -> Manage に移動するとZabbixから取得できたデータを使ったサンプル?ダッシュボードがあります。
これを自分流にカスタムして使っていく感じです。良いGrafanaライフを!

 

adsense under_kizi


adsense_ bottom_kizi336


関連記事

シェア訴求文言

☆僕の記事はどうしたか?共感していただけたら、シェアしてもらえるととても嬉しいです!
読んでくれる方の数が多くなると、為になる記事を書こうという気持ちが高くなりますのでよろしくお願い致します!

-CentOS
-, ,