Zabbixサーバ構築してみたのでその構築手順など

更新するのがめちゃくちゃ久しぶりですが、家のサーバ監視基盤が何もなかったのでZabbixを導入してみました。トリガーやアラート設定までは完了してないですが、基盤構築までの手順を紹介していきます。

構成

・Linux 4.14.3-1.el6.elrepo.x86_64
・CentOS 6.9 (Final)
・Apache 2.4
・PHP 5.5.3
・Zabbix 3.0.18

Zabbixインストール

Zabbixの公式リポジトリを追加した後にインストールしていきます。

# rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm

# yum install -y zabbix zabbix-server zabbix-server-mysql

ここで注意したいのは、『zabbix-server-pgsql.x86_64』を混ぜてインストールしてないこと。
Zabbixのmysql版とpgsql版を2つインストールすると、どうせッテしてもMySQLが読み込めない時があるようです。
https://stackoverflow.com/questions/28712699/zabbix-server-mysql-connection-issue

 

MySQLインストールと設定

Zabbixが使用するDBをインストールします。今回はMySQLを選択しました。

# yum install -y mysql-server

インストール後、『/etc/my/cnf』に以下の記述を追加して下さい(色付き部を追加)
# vi /etc/my/cnf
==========================
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql

# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

 default-character-set=utf8
 skip-character-set-client-handshake

 innodb_file_per_table
 innodb_buffer_pool_size=64M
 innodb_log_file_size=16M
 innodb_log_files_in_group=2
==========================

次にZabbix用データベースの準備をしていきます。まずMySQLを起動させます。
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
# chkconfig mysqld on

MySQLに接続します。
# mysql -u root

Zabbix用のデータベースを作成します。
データベース名:zabbix ユーザ名:zabbix パスワード:123456789(好きなのに変えて下さい)
mysql> create database zabbix character set utf8;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by ' 123456789';
mysql> flush privileges;
mysql> exit

ここでデータベース設定は終了です。Zabbix側の設定をやっていきます。

Zabbix設定(サーバサイド)

Zabbix用DBへ初期データ?基礎データ?を入れていきます。
# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.18/
# gunzip create.sql.gz
# cat create.sql | mysql -u zabbix -p zabbix
(パスワードを聞かれるので`123456789`を入力)

Zabbixのコンフィグファイルを編集します。4つのディレクティブを設定して下さい。
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
 DBName=zabbix
 DBUser=zabbix
 DBPassword=123456789
 DBSocket=/var/lib/mysql/mysql.sock

ここでサーバ側の設定は完了です。サーバを起動させてWeb画面の設定をしていきます。
# /etc.rc.d/init.d/zabbix-server start
# chkconfig zabbix-server on

Zabbix設定(Webサイド)

ZabbixのWeb画面を表示するのはApache2.4以上、PHP5.5以上が必要なのですが、公式リポジトリからでは2.2と5.3.3までしか配信されていないので RedHat Software Collection (SCL) からApache 2.4とPHP 5.5をインストールしていきます。

# yum install -y centos-release-scl
# yum install -y httpd24-httpd php55-php php55-php-bcmath php55-php-gd php55-php-ldap php55-php-mbstring php55-php-xml php55-php-mysqlnd

SCLでインストールしたソフトウェアは『有効』にしてから『起動』という手順を踏まないと利用できません。
OS再起動時でも自動的に『有効』にするために以下のスクリプトを作ります。
# vi /etc/profile.d/php55.sh
 #!/bin/bash
 source scl_source enable php55

ここでログオフ/ログインをしてphpが5.5以上であることを確認して下さい
# php --version
 PHP 5.5.21 (cli) (built: Aug 30 2016 13:51:02)
 Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
 Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies

Webサーバの基盤が整ったので、Zabbix用UIをインストールしていきます。
# yum install -y zabbix-web zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

ApacheにZabbix用コンフィグ設定が必要ですがZabbix側が用意してくれているのでコピーします。
# cp /usr/share/doc/zabbix-web-3.0.13/httpd24-example.conf /opt/rh/httpd24/root/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

コピーしたコンフィグファイルに以下の部分を追加して下さい。

# vi /opt/rh/httpd24/root/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
=======================
#
# Zabbix monitoring system php web frontend
#

Alias /zabbix /usr/share/zabbix

<Directory "/usr/share/zabbix">
Options FollowSymLinks
AllowOverride None
Require all granted

<IfModule mod_php5.c>
php_value max_execution_time 300
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 16M
php_value upload_max_filesize 2M
php_value max_input_time 300
php_value always_populate_raw_post_data -1
php_value date.timezone Asia/Tokyo
</IfModule>
</Directory>
========================

ここまで設定できたらApacheを起動させて下さい。
# /etc/rc.d/init.d/httpd24-httpd restart
# chkconfig httpd24-httpd on

Webブラウザでアクセスする前にファイヤーウォールの穴あけが必要です。MySQLで1つ、Zabbixで3つ必要です。
tcp:3306
tcp:80
tcp:10050
tcp:10051

Zabbix設定(DBサイド)

Webプラウザで以下のURLにアクセスしてセットアップを続けて下さい。
http://Zabbixサーバアドレス/zabbix

入力欄は以下の感じで入力します。
Configure DB connection
Database type : MySQL
Database host : 127.0.0.1
Database port : 0 (default port)
Database name : zabbix
User : zabbix
password : 123456789

Zabbix server details
Host : 127.0.0.1
Port : 10051
Name : −(何も入力しない)

 

稼働確認

Webプラウザで以下のURLにアクセスして、『Zabbixサーバの起動 はい』になっていればOK

次回はこのZabbixで収集したDBを使用でしてキレイなグラフを作成して表示することができるGrafana連携手順を書きたいと思っています。

adsense under_kizi


adsense_ bottom_kizi336


関連記事

シェア訴求文言

☆僕の記事はどうしたか?共感していただけたら、シェアしてもらえるととても嬉しいです!
読んでくれる方の数が多くなると、為になる記事を書こうという気持ちが高くなりますのでよろしくお願い致します!

-CentOS
-, ,