【悲報】長年Webブラウザ首位だったIE、ついにChromeに明け渡す

2016/06/16

browsers_icon
ついにIEのシェアがChromeに抜かれました。GWなのか各メディアは取り上げてませんが個人的には大ニュースです。

 

上がったChrome、下がったIE

IE (インターネットエクスプローラ) はWindowsシリーズの標準ブラウザとして搭載され今日まで利用されていました。最近は『Microsoft Edge』として名前を変えてWindows10に搭載されたみたいですが私は使っていません。

そんな中、日本経済新聞社さんがこの『ネット・アプリケーションズ』の調査結果をまとめていましたので引用します。

PB1-4
【シリコンバレー=小川義也】パソコン用のインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)市場で、米グーグルの「クローム」が米マイクロソフトの「インター ネット・エクスプローラー(IE)」を抜いて首位になった。IEは基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の標準ブラウザーとして1990年代末から首位を維 持してきたが、2008年に登場したクロームに逆転を許した。米調査会社ネット・アプリケーションズによると、4月の世界シェアはクロームが41.66%で、41.35%のIEを上回った。同社の調査ではIEの事実上の後継として「ウィンドウズ10」に標準搭載した新型ブラウザー「エッジ」のシェアはIEに含まれている。

via 日本経済新聞

上のグラフを見るとわかりますが、Chromeは常に上がっています。逆にIEは常にシェアが下がってます。ちなみにFirefoxも下がり始めました

SafariやOperaのシェアはほとんど変化していません。固定層のファンがいますからね。オペラ最強伝説なんて言葉もあります。

これはIEとFirefoxユーザがChromeに乗り換えた結果だと思います。最近Chromeに乗り換えた人多いんじゃないでしょうか。

今後のWeb業界では、標準WebブラウザがChromeに変わると思います。シェアの低いブラウザを標準としてしまうと、多数のChromeで表示崩れが発生することになりますから。
IEだけで動作確認を行ってきたWebサービス屋さんはこれからかなり大変だと思います。

 



 

裏側:どうしてIEのシェアは下がったのか

Chromeが上がった原因ではなくIEが下がった原因を考えてみようと思います。

結論から言ってしまうと『愛されてない』からだと思います。愛されない理由を3つに絞ってみました。

  • IE起動に時間がかかり、起動中はブラウズ性能がすごく落ちる
  • 表示崩れの問題がずっと放置されている
  • いつも利用者の希望とは反対の方向へ進化して使いにくくなる

どうですか?共感いただけますでしょうか。

この『愛されない』状態のまま、新しいブラウザとして『Microsoft Edge』がリリースされました。古いIEはMicrosoftからのサポートが打ち切られることになります。

だからこれを機に他のWebブラウザへ乗り換えよう!という意識が生まれてChromeのシェアが上がったのだと思います。

adsense under_kizi


adsense_ bottom_kizi336


関連記事

シェア訴求文言

☆僕の記事はどうしたか?共感していただけたら、シェアしてもらえるととても嬉しいです!
読んでくれる方の数が多くなると、為になる記事を書こうという気持ちが高くなりますのでよろしくお願い致します!

-IT技術
-, , , ,