AppleがOS XからMacOSへ名称変更!?ジョブズから決別とも取れるその意味とは

2016/06/16

finder_logo

次から『MacOS』?

AppleがMacに搭載しているOS、『OS X』の名称を『MacOS』に変更するかもしれないというニュースをキャッチした。

Appleのワールドワイドマーケティング担当SVP、Phil Schillerが最初にこの変更をほのめかしたのは昨年のWWDCで、John Gruberのインタビューを受けた時だった。次に、構成ファイルにOS Xの代わりにmacOSと書かれていた。そしてついに、Apple自身のウェブサイトのページでも、Appleの環境イニシャティブの説明にOS XではなくMacOSの名前が使われていた。 via techcrunch.com

techcrunch.comでは、Appleは2016年6月のWWDCに『iOS 10』の発表を控えているはずで、『iOS 10』と『OS X』は似すぎているからリブランドしようとしていると書いている。

もともと『OS X』は『iOS』と見た感じの雰囲気を合わせる為に、故スティーブ・ジョブズが『Mac OS X』から変更したものだったと記憶している。そして『Mac OS X』は10年最先端を行くOSとして2001年に発売した経緯がある。
※たしかMacOS9 -> Mac OS Xへ移行を発表した基調講演のとき



 

なぜ、ジョブズとの決別?

それから15年。『OS X v10.11 El Capitan』が12番目のOS Xとして発売された。Appleはもう十分と判断したのだろうか『Mac OS 11(仮)』が発表されようとしている。

利用する側からすればわかりやすくて良いと思うが、ジョブズが10年最先端を行くとして宣言したOSから脱却することを意味すると思う。

これからの10年、どういう目標・方針でMacを作っていくのか、とても気になる。

 

adsense under_kizi


adsense_ bottom_kizi336


関連記事

シェア訴求文言

☆僕の記事はどうしたか?共感していただけたら、シェアしてもらえるととても嬉しいです!
読んでくれる方の数が多くなると、為になる記事を書こうという気持ちが高くなりますのでよろしくお願い致します!

-Apple
-,