【auからMVNOへ】au iPhone5SをSIMフリー化させる3つの方法

2016/05/04

au-logo-420x420

今、auで契約しているiPhne5Sが手元にある。

20ヶ月程度使用していて、
あと4ヶ月ほどで2年の更新タイミングがやってくる。

auの契約更新タイミングは唯一MNPによる他キャリアへの脱出手段となる。
この月以外のMNPへの脱出は解約手数料(¥10,000)が発生する。

またとないチャンスであり、さらに格安SIMの登場でランニング費用を
¥4,000くらいにまで落とすことができるので、今回はau契約でiPhone5Sを持っているユーザが
SIMフリー化して、格安SIMへ乗り換える方法を検討したいと思う。

【手元にあるもの】
・iTunes母艦Mac
・au版 iPhone5S 16GB iOS8.1 JB

【やるべきこと】
・iPhone5SのSIMフリー化
・auへMNP転出 + 解約(解約手数料にWALLETポイント充当はできない!)
・移転先SIMへの新規契約

まずはiPhone5SのSIMフリー化が必要になる。

SIMフリー化にはいくつかの手段がある模様。それぞれ調べた結果を書きたいと思う。

1.SIMアダプタ(通称、下駄)を使ってiOSを騙す方法

R-SIM GOLDに代表されるSIMアダプタを使う方法。
恐らく一番簡単。

今iPhoneにはau版SIMが挿さっていて、他社のSIMを挿しても使用できない。これがSIMロック。
SIMアダプタは他社のSIMもau版SIMと誤認させるアダプタになる。

◼︎デメリット
・iPhoneとSIMアダプタの相性があり、相性が悪いと使えないことが多いらしい
・偽物が多く、Amazonなどは偽物を掴まされることが多いらしい
・日本のSIMが使用できない可能性ある(海外のSIMだけ使えるというオチ + 現用au版SIMも使用できなくなる)
・圏外病になると、SIM回線が利用しているキャリアのガラケーでSIMアダプタをアクティベートしてやる必要がある
・3G電波は掴むけど、LTEは掴まない等、受信状況が不安定
・iOSアップデートやキャリアアップデートで使用不能になる
・SIMフリー化失敗による現用auへの切り戻し方法を残しておかないといけない

◼︎メリット
・現用のau回線には影響なし
・費用が安い(一枚 ¥3,000くらい)
・お試し感覚で使える

2.ファクトリーアンロック(別名 IMEIアンロック)

業者に依頼してAppleサーバ上からSIMフリーにする方法。
手を動かすのは海外業者になるらしい。具体的な作業内容はわからない。

◼︎デメリット
・いつSIMフリー化されるのか不明(日本みたいに何営業日後とかの意識じゃない)
・費用が高い(一台 ¥30,000くらい)
・SIMフリー化失敗による現用auへの切り戻し方法を残しておかないといけない

◼︎メリット
・騙されたりしなければ確実にSIMフリー化できる。

 

 

※2015/06/11 追記

ファクトリーアンロックのユーザが相次いでリロック(再SIMロック状態)になっている模様。

キャリアかAppleによって対策されるもの時間の問題かもしれない。。

3.キャリアアンロック

先日発表されたキャリア自身によるSIMフリー化。
制限が盛りだくさんだけど、一番デメリットが少ない。

◼︎デメリット
・次期iPhoneからSIMフリー化の対象(6,6Plusまで対象外)
・機種購入日から180日以上経過している機種であること。(新機種で三ヶ月契約維持 + MNP転出時に残機種代一括支払い)
・次期iPhoneの発売が9月との噂なので、あと3ヶ月待たないといけない(SIMフリー化まであと半年)
・費用が高い(次期iPhone代一括支払い¥100,000 + 半年分au回線維持¥7,500x6 = ¥145,000!!!)
・現用のiPhone5Sとさよなら(次期iPhone機種変更のための下取りポイントになる)

◼︎メリット
・SIMフリー化失敗によるauへの切り戻しを考えなくて済む

ざっとまとめた。
デメリット多い順は、SIM下駄>>>キャリアアンロック>ファクトリーアンロック
よってファクトリーアンロックが一番の有効策になるよう。

何かあればコメントでご指摘ください。

adsense under_kizi


adsense_ bottom_kizi336


関連記事

シェア訴求文言

☆僕の記事はどうしたか?共感していただけたら、シェアしてもらえるととても嬉しいです!
読んでくれる方の数が多くなると、為になる記事を書こうという気持ちが高くなりますのでよろしくお願い致します!

-格安SIM
-, , , ,